内的コントロールを高めるエクササイズ

内的コントロールの度合いを高めるためのエクササイズを三つあげます。このエクササイズは、自分の感情は、自分の考えや行動の結果として生ずるものだということを認識するためのものです。これは、相手の場合も同じです。

一、私の価値は、男がいるかいないかによっては決まらない
これから記すエクササイズは、ペネロープ・ルシァノフの『男がいないと、なぜ自分はだめな人間と思うのか』という著書を参考にしたものです。
簡単ですが、やりがいのあるエクササイズです。まず、声を出してもだれにも聞かれないような場所を選びます。
そして、自分の人生について約十分間ぐらい声を出して語ります。その場合に、男性をその話の中には登場させないでください。
「私は・・・」を中心に語り、「彼は・・・」とか、「○○さんは」などといった男性の人称代名詞は一切使わないこと。
自分のこれまでの人生の中で体験した失敗や成功、現在やっていること、計画していること、将来の夢などを語ります。
男性について触れられないのですから、当然、あなたの人生において重要な意味がある、あなたの父親、ボーイフレンド、夫、男性の上司などを
無視することになるわけです。

このエクササィズをしばらくの間、毎日繰り返してやりますと、内的コントロールの度合いを高めることの必要性に目覚めます。
自分をコントロールできる人とできない人では、人生の楽しさが全く異なります。←ここで出会った相性ピッタリの夫婦でも、
自分をコントロールできればもっと素敵な結婚生活になるでしょう。

Comments are closed.