生涯で1度だけ。社内恋愛した彼女

オレは公私混同するのがキライなタイプなんだけど、人生で1度だけ社内恋愛をしたことがある。彼女は、会社的には後輩だけど、年齢はオレと同い歳の女の子。
メガネをかけている子とつき合ったのもその子だけだったな。
当時オレは、昼間はサラリーマン、夜はバンドマンという2つの顔をもっていた。でも、バンドをやっていることは、会社の仲間にはいっさい隠していたんだ。
でも、彼女にだけはオレの夜の顔も知ってもらいたいと思って、あるライブハウスに彼女を招待した。
彼女は、昼間とは違うオレの姿に驚くのと同時に、ライブを見に来てくれた人たちのなかで社内の人が1人もいないことにさらにビックリしていたよ。
そして「あ、私って特別な存在なんだ」と気づいてくれたらしい。そうやって、自然とお互いの意思確認ができたんだ。
それから、2人だけの秘密を共有することで、さらに愛は盛り上がったね。もちろん、彼女は、その後もオレのバンド活動のことを、社内にもらすようなことはしなかった。
彼女は、見た目はどちらかというと地味めなタイプだったけど、すごく素直な女の子だった。
あるとき、オレがその子に、「メガネをかけてるだけで、ちょっとソンしてない?」なんてさりげなく言ったひと言で、
次の日からすぐにコンタクトに変えちゃうような、従順な性格が魅力的だったな。
社内恋愛はメリットデメリットがそれぞれ大きいので、頑張れる覚悟がないと後が大変です。
頑張れそうも無いと思ったり、社内に魅力的な人がいなければで、出会いを探しましょう。

Comments are closed.